1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 障害年金の基礎知識 > 
  4. 障害年金認定方法

障害年金認定方法

障害年金の請求手続きをすると、請求者が障害年金を受け取るための初診日においてどの年金制度に加入していたかなどの「加入要件」、保険料納められていたかなど「保険料納付要件」、基本的には障害年金制度で定められた「障害認定日」において、「障害等級」の何級かに障害の状態に該当していなくてはなりません。

また障害の状態が今後少なくても1年以上継続する見込みがあり、その障害によって日常生活や仕事に支障がでているかといったような「障害状態要件」を満たしているかなどを行政が確認していきます。

具体的な確認の流れとしては、まず年金事務所(国民年金の場合は市町村の国民年金課、共済年金の場合は、それぞれの共済組合)が内容を確認し、年金を受給するために必要な要件を満たし資格があるか判断します。その後、障害の状態を認定医がするといった流れになります。

障害を認定する際、疾病ごとではなく、障害ごとに障害認定の基準にあてはめてその等級を決定していきます。
審査は診断書などの書類を客観的に見て判断していきます。

つまり審査は診断書や申立書などの書類のみの判断なので、最初に正しい書類を作成して、きちんと認定していただくことが非常に大事です。

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る