1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 障害年金の基礎知識 > 
  4. 障害年金の問題点

障害年金の問題点

障害年金の手続きを進める際、医師に症状に関する診断書を記入していただく必要がございます。

診断書は、障害年金の認定に関して最重要書類であることは間違いありません。

この診断書に関して年金の申請をお考えの方や、申請をされた方から、たくさんの「不満の声」や「お困りの声」を頂戴いたします。

「不満」や「お困り」の原因の大半が医師にご記入いただく診断書が実際の症状よりも軽い程度に記入されてしまっている。あってはならない事ですが、障害年金を申請される方の日常生活の実態とかけはなれた記述がされてしまっている事です。

なぜこのようなことがおきてしまうかというと、

医師は年金を申請される方を24時間診ている訳ではありません。日常生活について詳しくヒアリングしている時間がないため日常の生活を知ることが出来ないからです。
また年金を申請される方が日常生活を医師に適切に伝えることが出来ないといった理由もございます。

医師により診断書の病状が軽く記入されてしまうことにより、本来受け取れるはずの年金額が少なくなってしまったり、最悪の場合、年金が受け取れないといった事態になります。

医師は障害年金に精通しているとは限りません。

適切な診断書を作成していただくためにも、障害年金を専門にしている社会保険労務士のノウハウが必要です。

年金申請をする方が不利になり損をしてしまうといったことのおこらぬよう、ぜひ、一度当センターにご相談ください。

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る