1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 障害者手帳について > 
  4. 障害年金と障害者手帳の違い

障害年金と障害者手帳の違い

障害年金と障害者手帳は、よく似た名称なので両方とも同じようなものと誤解をされている方が数多くいらっしゃいますが、両者は全くの別物です。

障害年金と障害者手帳の違いは主に3点ございます。

  1. ①申請方法
  2. ②享受できるサービス内容
  3. ③支給条件

それぞれについて、ご説明いたします。

1. 申請方法

申請方法は障害年金、障害者手帳ともに役場(市役所の福祉課など)などを介して申請します。しかし、それぞれ異なったルートでの申請となります。

2. 享受できるサービス内容

障害年金 定期的に決まった額の金銭を受けることが出来ます。
障害者手帳 地域によって異なりますが、所得税、住民税、相続税、贈与税、自動車税などの税制上のメリットや医療費助成、JR鉄道の運賃割引サービスや駐車禁止除外標章の交付を受けることが出来ます。

3. 支給方法

障害年金 障害年金を受給するためには主に3つの要件を満たす必要があります。
ざっくり説明させて頂きます。一つ目は初診日要件である、初めて病院に行った日が国民年金あるいは厚生年金などの被保険者であること、二つ目は保険料納付要件である年金の滞納がないこと、三つ目は障害認定日要件である障害認定日において障害の程度が1・2級 (厚生年金などの場合は3級)に該当されることです。
障害者手帳 障害者手帳には、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の3種類があります。地域によって名称や支給条件、障害の程度の表示、その判定基準などが異なります。

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る