1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 障害者手帳について > 
  4. 障害者手帳の種類

障害者手帳の種類

障害者手帳には、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の3種類がございます。
これらは各種の福祉制度を利用するため必要となる手帳です。

手帳の取得に関して申請先となる窓口は、身体障害者手帳と療育手帳は各市町村の役所の福祉課(社会福祉事務所)精神障害者保健福祉手帳は各市町村の保健所の保健予防課となります。

 身体障害者手帳

身体障害者手帳とは、視覚、聴覚、平行機能、音声・言語そしゃく機能、肢体不自由、心臓・腎臓・呼吸器・膀胱または直腸・小腸・免疫機能に障害のある方に交付されることになっています。
手帳の等級は障害の程度により一級から六級までの区分があります。

 療育手帳

療育手帳とは、知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ日常生活に支障が生じているため、援助を必要とする状態にある方に交付されることになっています。
18歳未満の方は、児童相談所18歳以上の方は知的障害者更正相談所の判定によります。手帳の等級は障害の程度により一度(最重度)二度(重度)三度(中度)四度(軽度)の区分があります。

 精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳は、精神疾患を有する方のうち精神障害のため長期に渡り日常生活または社会生活への制約がある方に交付されることになっています。

統合失調症、こううつ病、非定型精神病、てんかん、中毒性精神病、器質性精神病および、その他の精神疾患のすべてが対象になりますが知的障害は含まれません。
手帳の等級は障害の程度により一級から三級の区分があります。

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る