1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 症状別障害年金の等級基準 > 
  4. 耳の障害(聴力)

耳の障害(聴力)

耳・聴力の障害で障害年金に該当する基準

耳の障害は、純音による聴力レベル値(純音聴力レベル値)および、語音による聴力検査値(語音明瞭度)により等級が決まります。

1級 両耳の純音聴力レベルが100デシベル以上の方
2級 ・両耳の純音聴力レベルが90デシベル以上の方
・両耳の純音聴力レベル値が80デシベル以上で、かつ最良語音明瞭度が30%以下の方
3級 ・両耳の純音聴力レベル値が70デシベル以上の方
・両耳の純音聴力レベル値が50デシベル以上で、かつ最良語音明瞭度が50%以下の方

 補足

聴力レベルは、原則両耳とも上記デシベル以上であることが必要です。片方の耳のみ聴力レベル該当でも原則障害年金の対象になりません。例外もあり、聴力の障害と平衡機能障害とが併存する場合は併合認定されます。

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る