1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 症状別障害年金の等級基準 > 
  4. てんかんの障害

てんかんの障害

てんかん発作は、発作頻度に関して、薬物療法によって完全に消失するものから、難治性てんかんと呼ばれ発作の抑制できないものと様々ございます。
また、てんかん発作は、その重症度や発作頻度以外に発作間欠期においても、それに起因する様々な程度の性神経症状や認知障害など稀ではなく出現することに留意する必要がございます。

尚、てんかん発作は、抗てんかん薬の服用や、外科的治療によって抑制される場合にあっては、原則認定されません。

 てんかん

てんかんの症状は、4つの発作に分類されます。

  • A 意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作
  • B 意識障害の有無を問わず、転倒する発作
  • C 意識を失い、行為が途絶するが、倒れない発作
  • D 意識障害はないが、随意運動が失われる発作

上記4つの分類の発生する頻度などで等級が決定されます。

1級 十分な治療にかかわらず、てんかん性発作のA又はBが月に1回以上あり、かつ、常時の介護が必要な方
2級 十分な治療にかかわらず、てんかん性発作のA又はBが年に2回以上、もしくは、C又はDが月に1回以上あり、かつ、日常生活が著しい制限を受ける方
3級 十分な治療にかかわらず、てんかん性発作のA又はBが年に2回未満、もしくは、C又はDが月に1回未満あり、かつ、労働が制限を受ける方

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る