1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 症状別障害年金の等級基準 > 
  4. 肛門・直腸・泌尿器の障害

肛門・直腸・泌尿器の障害

肛門・直腸・泌尿器の障害で障害年金に該当する基準

肛門・直腸・泌尿器の障害について下の等級表のように認定されます。

1級 明確な基準は特にございません
2級 ・人工肛門を造設し、かつ新膀胱または尿路変更術を施した方
・人工肛門を造設し、かつ完全排尿障害状態にある方(完全排尿障害状態とはカテーテル留置または自己導尿の常時施行を必要な状態をいいます)
3級 ・人工肛門を造設した方
・新膀胱を造設、または尿路変更術を施した方

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る