1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 症状別障害年金の等級基準 > 
  4. 糖尿病・高血圧症の障害

糖尿病・高血圧症の障害

糖尿病・高血圧症の障害で障害年金に該当する基準

血糖が治療、一般生活状態の規制でコントロールされている場合には認定の対象となりませんが、合併症の程度によって認定の対象となります。

 糖尿病

1級 合併症による障害の程度により認定される方
2級 合併症による障害の程度により認定される方
3級 インスリンを使用してもなお、血糖のコントロールの不良なもの(HbAlc8.0%以上の場合と空腹血糖値140mg/dl以上の場合)

合併症について、糖尿病性網膜症の合併症が現れている方は、眼の障害の基準により認定されます。 糖尿病性腎症の合併症が現れている方は、腎疾患による障害の基準により認定されます。

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る