1. 姫路障害年金サポートセンターTOP > 
  2. 障害年金について > 
  3. 症状別障害年金の等級基準 > 
  4. 気管支・肺疾患の障害

気管支・肺疾患の障害

呼吸の障害で障害年金に該当する基準

呼吸不全とは、原因を問わず、動脈血ガス分析値、特に動脈血O2分圧と動脈血CO2分圧が異常のため、生体が正常な機能を営み得なくなった状態をいいます。
呼吸不全による各等級に相当すると認められるものを一部例示しますと下の等級表のように認定されます。

 呼吸不全

1級 下記の「動脈血ガス分析値の表」及び「予測肺活量1秒率の表」の   検査成績が高度異常を示す方、かつ、身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られる方
2級 下記の「動脈血ガス分析値の表」及び「予測肺活量1秒率の表」の検査成績が中等度異常を示す方で、かつ、「身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能な方」、または歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している方下記の「動脈血ガス分析値の表」及び「予測肺活量1秒率の表」の検査成績が中等度異常を示す方で、かつ、「身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能な方」、または歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している方
3級 下記の「動脈血ガス分析値の表」及び「予測肺活量1秒率の表」の検査成績が軽度異常を示す方、かつ、「歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している方」、または軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできる方

動脈血ガス分析値

区分 検査項目 単位 軽度異常 中等度異常 高度異常
動脈血O2分圧 Torr 70~61 60~56 55以下
動脈血CO2分圧 Torr 46~50 51~59 60以上

予測肺活量1秒率

検査項目 単位 軽度異常 中等度異常 高度異常
予測肺活量1秒率 40~31 30~21 20以下

簡単1分!無料受給判定

ご相談の流れはこちら

24時間受付中!!メールお問い合わせ

ページの先頭に戻る